教育は息抜きを上手く活用して

「詰め込みはいけない」「勉強は面白いものでなくてはならない」というのが今の教育です。
これらは過去の反省から来ているものです。
なので、間違いではありません。
では、詰め込みをさせない、面白くないから勉強をしなくていいなんてことでいいのでしょうか。
それもまた極端な話です。
暗記教科は必ず詰め込みが必要になります。
効率を考えると、そちらの方が良いことがよくあるからです。
面白くない勉強を我慢してすることにより、精神力を鍛えることができます。
好きなことばかりしていては、我慢ができない子に育ってしまいます。
これらのことから言えるのは、教育においては『息抜き』が必要であるということです。
頑張らなくていいはずがありません。
有名な大学に入るのに、努力をしなかったなんて学生はまずいないからです。
しかし、頑張ってばかりでは心が持ちません。
そこで、面白いを感じられる教育をするのです。
それが息抜きになり、勉強が嫌いにならず、長く続けることができるでしょう。

教育の大切さと将来に及ぶ影響の話

学校教育が将来に及ぼす影響は大きなものがあります。
その影響というのは良い影響も悪い影響もあり、そのどちらも学校教育を考える上で大切なポイントとなってくるでしょう。
良い影響というのは、将来学校で勉強をしていてよかったと実感することが、その一つだといえるでしょう。
それを実感する機会は、学校での勉強が実際に社会に出た時に役立っていると実感したときで、例えば教師や人にものを教える専門的な仕事などが、学校教育を良いものだと実感するケースだといえます。
悪い影響の場合は、学校の勉強自体を否定する価値観が教育を受けた側に根付いてしまうケースで、この場合だと良い影響を実感する機会に恵まれず、人によっては苦しい人生になってしまうことがあります。
それを踏まえて総合的な学校の勉強というものは、大なり小なり、人の人生を大きく左右するものであり、それらを軽視せず学校での生活を充実して過ごすことが大切なことだといえるでしょう。